研究室ホームページへ

教授
藤原 憲秀

研究分野

有機合成化学(天然物や医薬品の合成の基礎研究)

生命は様々な生体分子間の相互作用によって支えられています。相互作用は生体分子と比較的小さい分子量の物質(小分子)との間でも起こります。好ましい相互作用が起こる小分子には医薬品が含まれます。好ましくない相互作用が起こる場合は毒になりますが、その相互作用を解析すると、新たな生体分子の機能が発見できることもあります。このような、小分子と生体分子の相互作用による生命現象の調節・制御の様子を詳しく解析するため、生物活性を持つ天然由来の小分子を精密に合成する研究や、人工的な改変を加えた分子を創出する研究を展開しています。有機合成化学が基盤になりますが、生命科学の知識も欠かせません。

 

研究内容

天然生物活性物質の全合成と生物機能を発現する人工分子の創製を目指した有機化学的研究

  • 3-フェニルジベンゾフラン天然物の全合成手法開拓
  • 生物活性をもつ特異なオリゴペプチド天然物の全合成研究
  • 海産多環式含窒素天然物の全合成研究
  • 特異な芳香族系天然物の全合成研究

 

研究手法

  • 多段階精密有機合成

  簡単な構造の小さい分子を原料として、複雑な構造の大きな分子を作り上げる方法。
  医薬品を合成する際にも同じ技術が使われています。

  • 各種スペクトル測定を基盤とする構造解析

  有機化合物の構造を調べるには技術が必要です。そのための手法・知識を研究を通じて学びます。

 

授業担当科目

<藤原>

(学部)
基礎化学実験B、基礎化学IVA、生物有機化学Ⅰ~Ⅳ、生物機能有機化学Ⅰ・Ⅱ、化学実験Ⅲ、有機化学演習
(大学院)
医薬品合成化学特論Ⅰ、医薬品合成化学特論Ⅱ、天然物合成化学Ⅰ、天然物合成化学Ⅱ

 

共同研究等

北海道大学大学院理学研究院、秋田県立大学生物資源科学部