研究室ホームページへ

准教授
松村 洋寿

研究分野

タンパク質は炭水化物、脂質とともに三大栄養素と呼ばれ、生命現象において中心的な役割を担っています。生物分子科学研究室では、タンパク質の構造と機能を分子・原子レベルで解析し、そのタンパク質の生体内での役割を解明することを目的として日々研究を進めています。タンパク質の機能・役割を解明することは、疾患の発症原因、医薬品の作用機序の解明、新薬開発につながることが期待できます。また、タンパク質は優れたナノバイオマテリアルでもあることから、薬物輸送システム等へのタンパク質の応用を目指した研究を行っています。

研究内容

(1)医薬品ターゲットタンパク質の構造・機能解析

(2)バイオマス利用、植物病害関連タンパク質の構造・機能解析

(3)多発性骨髄腫に伴う腎疾患関連タンパク質の構造・機能解析

(4)多発性骨髄腫に伴う腎疾患関連タンパク質の構造・機能解析

(5)Encapsulimナノ粒子の構造・機能解析とゲストタンパク質の導入・ディスプレイ法の開発

研究手法

タンパク質の構造・機能に関する研究を最先端の技術を駆使して進めています。

  • 遺伝子組換えタンパク質の構築・発現・精製
    PCR、ベクター構築、大腸菌発現システム等、各種液体クロマトグラフィー
  • タンパク質の生理機能解析
    酵素キネティクス解析、翻訳後修飾解析(質量分析)、各種分光分析、光散乱法
  • タンパク質間相互作用解析
    プルダウン解析、熱測定、ゲル濾過法、光散乱法、表面プラスモンなど
  • タンパク質立体構造解析
    X線結晶構造解析、中性子構造解析

授業担当科目

(学部)

基礎化学ⅢA、生命物理化学III・Ⅳ、生命無機化学Ⅰ・Ⅱ、生物学実験

(大学院)

分光分析化学特論Ⅰ・Ⅱ、生化学特論Ⅰ・Ⅱ

共同研究等

東京農工大学、理化学研究所、東京大学

特記事項

  • 日本分析化学会 東北支部役員(2019年4月-)
  • 日本化学会 東北支部秋田地区幹事(2020年4月-2021年3月)
  • 日本学術振興会 科研費 基盤研究(B) (2019年4月-2022年3月) 「XFELと中性子ビームを用いたニトリルヒドラターゼ触媒反応の遷移状態構造の解明」研究分担者
  • 日本学術振興会 科研費 基盤研究(C) (2019年4月-2022年3月) 「構造情報を基とした抗リウマチ薬MTXの炎症性シグナル伝達系における作用機序の解明」研究代表者
  • 日本学術振興会 科研費 基盤研究(C) (2018年4月-2021年3月) 「酵素内包タンパク質ナノカプセルを利用した大気汚染物質硫化カルボニル除去法の開発」研究分担者
  • 日本学術振興会 科研費 若手研究(B) (2017年4月-2019年3月) 「新規いもち病防除法の標的としての菌体外酸化還元タンパク質の分子ネットワークの解明」研究代表者
  • 日本学術振興会 科研費 研究活動スタート支援 (2015年8月-2017年3月) 「菌体外酸化還元酵素を分子ターゲットとするイネいもち病菌に対する新規抗菌法の開発」研究代表者
  • 日本学術振興会 科研費 基盤研究(B) (2015年4月-2018年3月) 「新奇環状反応中間体の立体構造に基づくニトリル水和酵素触媒機構の全容解明」研究分担者
  • 日本学術振興会 科研費 基盤研究(C) (2015年4月-2017年3月) 「金属ナノ粒子の表面状態とサイズに対応した高精度分離分析法の開発」研究分担者