カリキュラム内容、学位、資格

修業年限と主な学習内容

生命科学科の学生は、4年以上在学し、教養基礎教育科目、専門科目の合計124単位以上習得することにより卒業が認められます。一定の成績要件等を満たして早期研究室配属制度を利用した場合は、2年次の後期から研究室に配属され、早期より卒業研究に関わることができます。研究時間の確保に伴い、研究内容が充実すると、学術論文の出版ができたり、学会発表の機会が増えたりし、研究者としてのステップアップにつながります。

専門科目は、必修(化学系および生物系の講義科目、演習、及び実験)、選択(化学系および生物系科目)で構成されております。

専門必修科目
生物有機化学、生化学、細胞生物学、生体機能学、分析化学、生命無機化学など
専門選択科目
生物物理化学、機器分析化学、生命機能設計学、タンパク質化学、細胞生理学、疾患生物学など
基礎教育科目
基礎化学、基礎生物学、基礎物理学、基礎数学、基礎化学実験、基礎生物学実験など

学位

規定単位取得後、学士(理学)の学位が授与されます。

資格

教職課程で指定された科目を履修し、所定の単位を取得することにより、高等学校教諭一種免許状(理科)を取得できます。

化学に関する科目を15単位以上取得することにより、危険物取扱者(甲種)の受験資格を得ることができます。

カリキュラム一覧表(2019年度)

科目をクリックすると、シラバス(授業計画)を見ることができます。

をクリックすると講義風景を写真で見ることができます。

 教養基礎教育科目専門科目
教養教育基礎教育
1年次

前期

(1Qと2Q)

初年次ゼミ(生命科学入門) 【講義風景
主題別科目
大学英語I
スポーツ文化科目

基礎生物学I
基礎生物学II
基礎化学I
基礎化学II 
基礎線形代数I
基礎線形代数II
基礎微分積分学I
基礎微分積分学II
基礎力学I
基礎力学II
基礎物理学実験
情報処理の技法

 秋田の環境と資源

後期

(3Qと4Q)

主題別科目
大学英語II
スポーツ文化科目

基礎生物学III
基礎生物学IV
基礎生物学実験(実験系)
基礎化学III 【講義風景
基礎化学IV
基礎化学実験(実験系)
基礎線形代数III
基礎線形代数IV
基礎微分積分学III
基礎微分積分学IV
基礎情報学
基礎AI学

生命科学概論
2年次 前期 主題別科目
大学英語III
理系英会話
スポーツ文化科目
 基礎数学V 生化学I
細胞生物学I
生体機能学
分析化学I
生命物理化学
生物有機化学I
機器分析学
無機化学
化学実験I(実験系) 【講義風景
後期     生化学II
細胞生物学II
疾患生物学I
生体防御学
生命機能設計学 【講義風景
分析化学II
理論化学I
分光化学
生物有機化学II
化学実験II(実験系) 【講義風景
テクニカルコミュニケーション(英語) 【講義風景
ボランティア参加
3年次 前期    

細胞生理学
分子生物学
分子細胞生物学
疾患生物学II
分子生命科学
理論化学II
蛋白質化学
生命無機化学
生物機能有機化学
生物学実験I(実験系)
生物学実験II(実験系) 【講義風景
疾患解析学(集中講義)
生物物理学(集中講義)
微生物学(集中講義)
生命情報学(集中講義)
インターンシップI 【講義風景
インターンシップII

後期     生体分子解析学
有機化学演習
生命電気化学
超分子化学
高分子化学
生命倫理学
外国語文献講読I
インターンシップI
インターンシップII
基礎配属研究
基礎配属実験
4年次 前期     卒業課題研究
外国語文献講読II
研究プロポーザル
創造工房実習
TOEIC演習
後期     卒業課題研究
外国語文献講読III
技術者倫理