生命科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)

生命科学専攻では、2つの教育・研究分野で次のような生命科学に関する教育・研究を行っています。

生命分子化学系分野

教授   藤原憲秀
生物活性天然物有機化合物の全合成と作用機構解明に関する教育・研究
教授   尾髙雅文
金属酵素や超分子タンパク質の構造・機能解明と医用・産業利用に関する教育・研究
准教授  秋葉宇一
超分子科学及びナノテクノロジーを基礎とする生命電極機能界面の創出に関する教育・研究
准教授  近藤良彦
有機化合物及び有機-金属錯体の3次元構造と機能発現に関する教育・研究
講師   松村洋寿
分光分析法を用いた機能解析に基づくタンパク質の農業・工業利用に関する教育・研究

分子細胞生物学系分野

特別教授 伊藤英晃
遺伝子の発現制御、タンパク質の構造と機能に関する分子レベルでの教育・研究
教授   涌井秀樹
ヒトの正常構造と機能および主な疾患の発症機序に関する教育・研究
教授   久保田広志
細胞内におけるタンパク質の機能、分子動態、特に神経変性疾患を起こす異常タンパク質の毒性阻止に関する教育・研究
教授   疋田正喜
免疫細胞における生理学的な応答の分子機構ならびに個体レベルでの免疫反応に関する教育・研究

主な講義科目

分子生物学特論、細胞生物学特論、疾患生物学持論、分子細胞生理学特論、分析化学特論、生命反応有機化学特論、構造有機化学特論、生命電気化学特論、生命理論化学特論、国際生命科学特論、生命倫理学特論、生命無機化学特論など

学位
修士(理学)、博士(理学)