中部大学 応用生物学部 大場裕一先生と五稜化薬株式会社 製品開発部 鈴木悠記先生をお招きして、「蛍光と発光の化学・生物学」というタイトルでご講演いただきました。ありがとうございました。講演会のポスターはこちら

 また、大場先生は、この機会に本学の敷地内でホタルミミズの生息を確認され、現時点での日本の生息北限が秋田であることを明らかにしています。このニュースは、2018年12月24日付の秋田魁新報の社会面に掲載されました。